• かいどり[掻取] 打掛と同じ事。一般に上方で打掛、江戸では掻取といった。掻取姿とは打掛の褄を掻取って対丈に揚げをしたような形になること。略してかけともいい江戸の遊女のものはしかけともいい、今日歌舞伎の花魁の着る打掛に「しかけ」の名が残っている。
  • かがみしたて かがみじたて[鏡仕立] 表裏2枚の布を縫合せるとき、片面の布を四方に批を出して額縁のように仕立てる事。額仕立、額縁仕立ともいう。掛蒲団、座蒲団によくつかわれる仕立て方。帯にも応用され、この仕立て方をした帯を鏡帯という。長襦袢や襲下着を胴抜き仕立にしたものもいう。
  • かぎおくみ[鈎衽] 用布の総尺が不足した場合、衿・衽の裁断法を意味する和裁用語。鈎型に裁つのでこの名になる。両面物の生地に限られるが、片面物では下前衽をつまんで姥衽にする方法がある。最近ではあまり使われない。
  • がくうら[額裏] 羽織用裏の高級品の一種。生地は広幅物。背の部分に花鳥、風景、能面、人物等を額面のように織り出したり、描染したもの。主に男物の羽裏に用いる。現在の羽織の額裏は、明治以降に始まる。
  • かくおび[角帯] 男帯の一種。兵児帯は織られたままを締める柔らかい帯であるが、角帯は男物として織られた帯に芯を入れて仕立てたもの。幅が狭く、質が堅いため縫い仕立てのほかに絎仕立もする。帯側の中へ芯を引き入れて通す(引込芯)仕立もある。袋織や単帯に織った物はそのまま締められる。幅は8〜11cm、長さは380cm〜420cmである。着流しの場合は貝の口、片ばさみに。袴下には文庫(一文地)に結ぶ。
  • がくぶち[額縁] 単仕立の長着の褄先の処理方法の一。道行衿の角、鏡仕立の掛蒲団の角にも使用。明治初年東京仕立でこの方法が使用されていた事から徳川時代に考案されたと思われる。褄先の額縁を作るとき、衿下と裾の絎幅は同じか、衿下を少し細くする。上等の薄物の単衣やセルなどの毛織物は必ずこの方法でする。
  • かけえり[掛衿] 補強の為に掛ける衿。長着、丹前、どてら、夜着などの地衿の上に掛ける。江戸〜明治時代、町人女性は普段着の長着に黒襦子の掛衿をつけた。現在の長着には共地の掛衿を掛ける(共衿という)。
  • かけつぎ かけはぎ[掛接ぎ] 布端を突き合わせて接ぎ目が表にひびかないように細かく接ぎ合わせる方法。衣類の傷の位置が分からないような高度な技術が必要。当て布は共地を使い、縞・柄・布目をきっちり合わせる。縫い糸は同布の経糸を抜き取って用いる。緯糸、経糸を1つずつ針ですくってまつる。針は必ず直角の方向に刺し、均一に糸を引きつれないようにする。修理費は高く、薄物、縞、柄物は厚地のものよりさらに高い。
  • かたあげ[肩揚] 子供の着物の裄を調整するため、肩山を中心に前身頃へかけて縫い揚げをとること。子供の成長に応じて、肩揚と腰揚で長期間着られるようにする。
  • かたあて[肩当] 単長着の肩の部分に補強する為、裏側に当てる布。肩は衣服の重みがかかり、衿肩回りの裁ち目があるのでその力布となるように付ける。肌襦袢、単長襦袢にも応用。上等の着物、薄物の着尺には三日月布などの力布を目立たないように付ける。
  • かたすべり[肩滑り] 単仕立の衣類など、表地の裏と中に着る衣服との摩擦を軽減するために付ける裏布の事。肩と背、胸につける。ウールなどで単仕立にした羽織や防寒コートには肩滑りを付ける場合が多い。
  • かたびら[帷子] 夏の麻の着物のこと。古くは単仕立の絹着物を単、麻で単仕立にしたものを帷子といった。{かたびら}は{片枚}で裏のないものをいう。麻とは限らず生絹、紋紗も多い。湯帷子(浴衣)
  • かなきん かねきん[金巾] 28〜40番ぐらいの単糸を経緯に使って平織りに織った薄地の綿織物。言語は canniquin で東部インド地方の手織りで織った平織りの晒木綿。寝具のカバーやシーツ、エプロンに使う。無地染して和服の裏地にする。
  • かりえば[仮絵羽] 絵羽縫い又は、本仕立に対する言葉。上げ絵羽ともいう。絵羽付けされたものを、絵羽通りに仮仕立すること。仮縫いという場合もある。
  • かるさん[軽衫] もんぺ・裁付・踏込などと同じ系列の袴の一種。語源はポルトガル語の calcao で、漢字は当て字。

  • きじゃく[着尺] 長着に仕立てるための和服地のこと。大人の長着が作れる反物の事。標準は丈約11.4m、巾約36cm。(最近では巾、長さ共に日本人の大柄化に合わせ広く長くなってきている。
  • きせ[被せ] 和服の仕立時、縫い目を割らずに一方へ折る際、縫い目より少し奥を折山とする。この縫い目から折山までのわずかな部分のこと。きせの折山のことをきせ山という。きせ分を見込んで布を折ることをきせをかけるという。効用は手縫いによる縫い目がはだけるのを防ぎ、折り目正しい仕上がりにする。着用時の引張りによって受ける力を軽減し、布地の痛みを防ぐ。袷仕立の袖口、裾合わせは深めにかけて縫い目を隠し、折り目を美しく整える。きせのかけかたには「おりぎせ」と「ひらごて」がある。
  • きたけ[着丈] 和服の長着類に用いる言葉。身丈(仕立られた和服の丈)に対し、着用者が身に着ける丈。男物では身丈と着丈はほぼ同義で肩山から計って床上4cmくらい。女物では身丈から、お端折分を引いたもの。着丈は身長の 8.5/10 と概算する。
  • きっしょうもよう[吉祥文様] 吉祥はおめでたいこと、よいしるしを意味する。松竹梅、鶴亀、宝船、宝尽くし、鳳凰等種類は多い。
  • きながし[着流し] 男性の、羽織・袴をつけない略式の着物姿。男性は羽織、袴を身に着ける事を正式とするため、この言葉あり。女性は早くから羽織をつけない、着物姿を正装としていたため、女性には着流しという言葉は使わない。
  • きもの[着物] 衣服、着る物の意。室町時代末期では「着る物」「着物」を併用。現在では洋服に対する和服の意。和服でも長着をさして着物という。
  • きゅうすんおび[九寸帯] 通常は名古屋帯の事をいう。仕立上がりは8寸2分前後だが、仕立前の状態で9寸内外ある。

  • くくり[括り] 織物・糸を糸でしめること。絣柄の部分を糸で縛り防染し、模様をつける。 又は、絞染の技法の一つ。鹿子絞り、三浦絞り、蜘蛛絞りなどがある。
  • くさきぞめ[草木染] 植物の葉、茎、根、実、花に含まれている成分を煮沸して取り出した染料を用いて染める事。
  • くじらじゃく[鯨尺] 江戸時代より和裁に用いられており、今でも一般的な和裁に用いる長さの単位。1尺は約37.89cm。1寸は約3.789cm。1分は約0.3789cm。
  • くりこし[繰越] 女性の場合着物の衿を後へ抜いて着るために、衿肩空きを肩山から後身頃側へずらす必要がある。この際の肩山と衿肩空きとの差のこと。通常鯨尺で5分〜1寸ほど。現在は7分前後が主流。肩の厚い人。首が太い人。猫背の人。粋に着こなしたい人は多めに取る。男物や子供物には不要。
  • くるめがすり[久留米絣] 木綿絣といえば久留米絣といわれるほど、木綿織物の代表格。江戸時代に井上伝という少女により、それまでにあった地方的な絣織りを改良して創りだされた。現代でも生産が続けられている。
  • くろとめそで[黒留袖] 既婚者の第一礼装です。色留袖に対する言葉。留袖とはそれまで来ていた振袖の袖丈を短くして振りと留め、嫁いだ先に留まるという意味を持っています。特徴は黒地に裾模様(江戸褄模様)、染め抜き五つ紋付。白の下着を重ね着して「本重ね」としていましたが、羽二重や精華等の生地で比翼仕立にし、重ね着しているように見せるのが多くなっています。
  • くろともおび[黒共帯] 喪服用の女帯。黒地の両面腹合わせ袋帯が正式だが、現在では名古屋帯が一般的。襦子、綴れ、錦、絽などの組織で織られている。
  • くろもんつき[黒紋付] 黒無地に紋の付いた着物や羽織の事。女性の黒無地紋付は喪服用。男性の黒紋付羽織袴は第一礼装として、結婚式の花婿の衣装や成人式、仲人の衣装また、葬式や他の公式な場での衣装として用いられます。

  • けいそうおび[軽装帯] 太鼓の部分と胴の部分を別々に分けて仕立てたもの。文化帯、付帯ともいう。
  • けいちょうもよう[慶長模様] 17世紀前後の慶長年間を中心に考案された小袖の模様で、この模様の小袖を慶長小袖という。現存する慶長小袖で最も有名なのが、重要文化財の染分四季花鳥文様縫箔小袖。
  • けしがた[消型] 型紙捺染で同一色で同模様を二枚に彫り分けた場合、最初に型付けする物を主型といい、後を消型という。
  • けだし[蹴出し]和服着用の際の女性用下着の一つ。裾よけ、裾まわしともいう。
  • けぬきあわせ[毛抜合せ] 裏付きのものを縫うとき裏表をきっちりそろえること。長着の袖口は2个阿蕕ゅを出すが、羽織や道行は紕を出さない。羽織や道行は裏と表を着られるように毛抜合せに縫う。毛抜合せに仕立てるのを毛抜仕立という。晩春の袷で表、裏を薄手の生地を用いて毛抜仕立にしたものをぺっちゃり袷といって、茶人などが着る。
  • けんじょう[献上] 博多帯の代表柄。江戸時代に福岡藩主が幕府に献上した独鈷模様の織物のこと。
  • げんろくそで[元禄袖] 女物・子供物和服の袖型の一種。明治時代にできた名称。日清・日露戦争後復古調となり作家や学者たちが元禄復興を提唱し、このとき、元禄時代に流行した丸袖を特に元禄袖と称したのが起源。

  • コート[coat] すべての衣服の上から重ねて着る戸外での衣服の総称。洋装用のいわゆるコートと和装用のコートがある 和装用として防寒コート・半コート・雨コートがある。雨ゴートは雨天に着用するコートで襦子織などに防水加工したものを使用。半コートは合着用で殆どが袷仕立で色々な材質が用いられ、夏用としては紗や絽で単仕立でお洒落用。防寒コートには保温に適した厚地の毛織物やビロード、ベルベットを使い、袖は元禄袖からドルマンスリーブまで多種多様のものがある。
  • こしあげ[腰揚] 子供着物の丈を調節するため、腰の位置に縫い上げをすること。子供は成長が早いので、大きく仕立てて長期間着られるように工夫したもの。腰揚は可愛いらしさを添える役目ももち、帯の下に入り込まぬよう、縫い目が見えるように仕立てる。 男物の長着は対丈に仕立てるため、腰の位置で内揚をするが、これを腰揚と呼ぶこともある。
  • こしいた[腰板] 袴の後腰に当たる台形の部分。明応〜文亀(1492〜1503)当時の武家の公服であった肩衣袴に台形の腰板が取り入れられた。肩衣袴が礼服化し、江戸時代に入るとさらに普及し、馬乗袴・野袴・裾細・軽衫にまで取り入れられる。
  • こそで[小袖] 袖口の広い装束に対して、袖口の小さなつつ袖の和服のこと(広袖と小袖)。現代生活につながる着物(長着)は小袖。庶民の外衣としての衣服。きものの祖型。
  • こだち[小裁] 子供用和服の裁ち方の名称。長着、ちゃんちゃんこ、襦袢などに応用。小裁の長着には一つ身裁(0〜2才)・三つ身裁(3才くらい)がある。一つ身は後身頃が並幅一幅なのでこの名称がある。三つ身は、後身頃・前身頃・衽をそれぞれ背縫・脇縫・衽付で縫い合わせるのが特徴。身頃を身丈の三倍の用尺で裁つのでこの名称が生まれたともいう。
  • ごふく[呉服] 織物の総称として、麻や木綿の織物を太物、絹織物の総称として反物、華南の呉の国伝来の織物を漢服(はやはとり)、この三つの意味で使われる。絹織物の総称として今日に至ったが、現在では和服=呉服となっている。
  • こましおぜ[駒塩瀬] 塩瀬(しおぜ)は経緯とも生糸を用いて、平織に織り上げてから精練します。羽二重と異なるのは使用する緯糸が、通常の羽二重に比べてかなり太めのもので、このため織上がりでは、密な経糸が太い緯糸を包む込むような外観となり、博多織のように表面に畦が現れます。経糸に平糸を使用したものを平塩瀬、駒撚糸を使用したものを駒塩瀬といいます。
  • こまどんすちりめん[駒緞子縮緬] 駒緞子(こまどんす)縮緬は、駒綸子縮緬と同じように、経糸に駒撚糸を用いていますが、駒綸子縮緬が通常4枚破れ斜紋の裏組織によって文様を織り出しているのに対して、駒緞子縮緬では5枚朱子の裏表組織によって綸子風の柄を表現しています。駒綸子縮緬に比べてやや地は厚くなりますが、柔らかく皺もよりにくいという特徴があります。
  • こまむじちりめん[駒無地縮緬] 紋意匠縮緬の無地場だけを取り出したものです。経糸に強撚糸を使い、緯糸には強撚糸の地緯と諸撚糸の絵緯の2種類を使い地緯を平織、絵緯を4枚斜紋または8枚朱子の緯二重組織等に織り上げます。緯糸が二重になるため地風に様々な変化を与える事が出来る反面、「サシ」等の織キズも生じやすくなり経緯糸の両素材には十分な注意が必要です。
  • こまりんずちりめん[駒綸子縮緬] 通称「駒綸(こまりん)」ともいわれ、駒撚糸を経糸に用いた綸子生地のことをいいます。緯糸は戦前には片撚りの強撚糸を用いたものも生産されていましたが、現在では3本強撚糸の2本諸や、3〜4本強撚糸の2本諸等の緯糸を用いたものが一般に生産されています。綸子独特の光沢に加えやや堅めの地風が特徴です。主な用途は中振袖や色無地です。
  • こまろ[駒絽] 絽の場合綟り目と綟り目の間に織り込まれる組織は奇数越でなければなりません。偶数越にすると綟り目が崩れてしまい通気性を損なうとともに非常に外観が汚くなってしまいます。この綟り目の間の組織の緯糸本数によって「三越絽」「五越絽」七越絽」とよばれますが、越数が大きくなるほど全体に占める綟り目の比率が小さくなり、通気性も減少します。駒絽はしゃきっとした地風とさらっとした肌触りが特徴で、夏物として多く使われています。新潟県五泉市が主な産地です。用途は色無地や訪問着。

  • カテゴリーから探す

    コンテンツ

    モバイルショップ

    ショップについて

    小田 泰伸(おだ やすのぶ)

    「きものとおび 織物屋」店長の小田泰伸です。
    着物の窓口を広げ、気軽に楽しんで着て戴く事を 目的に、良い物をリーズナブルにご提供して いきたいと思います。
    ご意見、ご要望、ご質問もお気軽にお寄せ下さい ませ。
    よろしくお願いいたします。
    お探しの商品やご相談は、お気軽に

    してください。