• ながぎ[長着]  着物といった場合、広く和服全般をさすが、ふつうは狭義に長着をいう。男物は対丈、女物はお端折りをして着付ける。単長着、袷長着、綿入長着などの仕立方がある。仕立業者の間では、長着を長物、羽織やコートなど丈の短いものを半物と呼んで区別している。能装束や歌舞伎衣装では長着にあたる衣服を着付けと称す。長着の名称が用いられるようになったのは、昭和初期、文部省の裁縫教科書に用いられてから。
  • ながじゅばん[長襦袢] 長着と肌襦袢の間に着る衣服。身丈は対丈、袖は広袖、袖丈は長着に合わせてそろえ、半衿をかけて着る。礼装用には白無地。夏物には絽、麻、レース地、等。季節によって袷仕立て、単仕立、無双仕立がある。仕立て方には本襦袢仕立、別衿仕立、関西仕立、胴裏抜仕立、摘み衿仕立、中奥仕立、二部式仕立などがある。本襦袢仕立が基本的なもので、一反を用いて無双袖無垢とし、衿は通しの撥衿。関西仕立は衿を広衿に仕立てたもので、裾周りが広く着やすい。
  • なごやおび[名古屋帯] 外出用の女帯の一種で一般的に幅広く用いられています。模様の付け方によって、お太鼓柄、六通柄、四通柄、全通柄、に分けることができます。お太鼓になる部分を並幅(八寸〜八寸四分ほど)とし、手掛け(垂れ)胴回りの部分を半巾に仕立てたもの。大正時代に名古屋にて考案されたのでこの名あり。名護屋帯とは別物。
  • なごやおび[名護屋帯] 組紐の帯で丸打ちと平打ちがある。丸州名護屋(佐賀県)に朝鮮の韓組(からぐみ)の技術が伝えられてこの帯が出来た。長さ1丈2尺、総の長さは八寸。色は男女とも赤が多い。形態が縄に似ているので縄帯ともいう。江戸初期の風俗画に多く見かける。 名古屋帯とは別物。
  • なせん[捺染] なっせんとも発音する。単色または多色を用いて、布地に模様効果を発揮する染色法のうち、一般には浸染によらないもの。使用機器により手捺染(手描き染や型紙捺染など)と機械捺染(ローラー捺染、自動スクリーン捺染など)に分類される。和装関係では機械捺染(ローラー捺染)の意としてよく使用される。
  • なつおび[夏帯] 主に夏に使用する帯で、生地は絽、紗、博多単衣などがある。

  • にしきおり[錦織] 二色以上の色糸を使い文様を織り出す技法の織物の総称。主に西陣で帯地、表具時、法衣地、能装束などに多く見られる。
  • にしじんおり[西陣織] 京都市中心部の北西部、西陣地域で生産される織物の総称。西陣は日本を代表する織物の産地。西陣織の名は、応仁の乱で西軍が本陣とした場所に乱の後、織職人が集まって織物をしたことに由来する。西陣で織られる織物は綴、錦、唐織、緞子、金襴、御召、紬など袋帯、名古屋帯、着尺、法衣、幕など様々です。
  • にじゅうだいこ[二重太鼓] 帯のお太鼓結びでお太鼓の部分が二重になるように結ぶ帯結びの方法。普通のお太鼓より重厚で格調深い。主に礼装用に締める。
  • にぶしきコート[二部式コート] 上とし下つまりツーピース式になっているコート。下(スカート)になっている部分をとると上が道行コートになる。雨コートによく見られる。
  • にんぎょう[人形] 男物着物又は男物襦袢の袖の袖底から袖付留までの間をいう。

  • ぬいぐけ[縫いぐけ] 2枚の布のくけ代を内側に合わせ、折り山から1〜2ミリ内側を5ミリぐらいの針目で、糸がながれないように布をすくったもの。着物の衿、褄下、羽織の衿等をくけるときに使う技法
  • ぬいとり[縫取縮緬] 縫取(ぬいとり)とは織物の文様の部分だけにその文様を表現する緯糸を通す紋織り技法の一種ですが、織り上りが刺繍のように見えることからこの名があります。縫取縮緬では手刺繍のように見える縫取技法ではなく、主として様々に着色した箔やそれらを巻き付けた金銀糸等を縮緬地の上に裏浮に織りこんで、後で裏切り(裏面の余分な浮糸を切り取る事)を施したものです。多丁杼の機械が使用される縮緬の場合、縫取に使用される箔は精練に耐える必要があるため、マイラーフィルムにアルミ蒸着したソフトアルミ箔に着色したものがよく用いられ、又、和紙にウルシを塗った細かい糸状ののものも使われることもあります。 主な用途として留袖や訪問着に使われます。
  • ぬいもん[縫い紋 繍紋] 染抜紋は正式のものだが、縫紋は略式で一ツ紋又は三ツ紋とする。陰紋が多く、縫い方は芥子縫。糸は白の他に色糸、金銀糸を使用。
  • ぬきえり[抜衿] 衿の後ろを背中の方へ落として着る和服の着方。古くはのけえもん、元禄頃は抜掛、その後、抜衣紋(ぬきえもん)、抜衿となった。18世紀後半から髪型により衿が汚れないように背中へずらして着るようになったもの。
  • ぬれがきゆうぜん[濡れ描友禅] 友禅染の中の、無線友禅の一種。ぼかし染の技法で濡らした生地に染料をしみこませやわらかなぼかしを表現する。

  • ねり ねる[練] 精練のこと。繊維が有する不純物を除去する処理。糸の状態で精練する事を糸練りまたは先練り、布の状態で精練することを後練りという。繊維が有する不純物には繊維自身が有する1次不純物と、紡績、撚糸、製織、などの工程で付与された薬剤や汚れ、埃等の二次不純物があるが、これ等は染色その他加工の妨げとなるのでこれらの加工に先立って精練を行う。 絹の場合絹を構成するたんぱく質フィブロインの回りを包んでいるセリシンを精練により除去する。
  • ねりぬき[練抜] 精練浴をして行う色抜。脱色専業工場で行う色抜きと区別して言う。精練浴を使用するため、単に脱色するだけでなく、再精練の効果も期待できる為、後の染め上がりに好結果が期待できる。
  • ねりべりりつ[練減率] 精錬による繊維重量の減少率。繊維の不純物の重量比が練減率とほぼ合致する。絹織物の場合は標準的に25%。25%の練減率の場合、分留り75%だから七五戻りという。1kgの生機反物を精練すると約750gの白生地になる。
  • ねんし[撚糸] 糸に撚り(ねじり)をかける作業。丹後ちりめんの場合独特の八丁撚糸機を使い、水を注ぎながら、糸を1メートルあたり3,000〜4,000回の強い撚りをかけてシボのもとを作る。

  • のういしょう[能衣装] 能と囃子から成る日本独特の伝統芸能「能」の楽劇につける着物。
  • のしめ[熨斗目] 元来は経糸に生糸、緯に半練糸を用い、段あるいは縞を織り出した絹織物の一種の名称。これ等の織物で仕立てた小袖を熨斗目小袖、略して熨斗目という。熨斗目小袖には無地熨斗目と腰替り(腰の部分にだけ格子や段などの文様を織り出したもの)がある。室町時代頃から大紋や素襖の下に着られるようになり、江戸時代には武家男子の礼装として必ず着用された。現代では腰替りの意匠を、地質・用途などにかかわらず、熨斗目とか熨斗目模様と呼ぶこともある。
  • のしめいろ[熨斗目色] 日本の色名。あまり厳密な色名とはいえないが、ふつう鈍い青色に用いられる。熨斗目の地色が概して藍染の色であったので、そのような鈍い青色に用いられた。
  • のぞきもん[覗紋] 紋所の表現方式で、丸や菱の輪郭の下半分に、紋がのぞいているように染抜いたもの。正式ではなく、洒落紋。
  • のりおき[糊置] 本友禅染の工程の一つ。生地に描かれた下絵の線に沿って糸目糊を置いていく工程。これは挿し友禅の際、染料がにじまないように防染する働きがある。
  • のりそめ[糊染] もち米の糊を防染剤に用いた染色技術。本友禅、中形、江戸小紋、紅型などは、防染を目的とするため糊だけを用いる。型友禅や現代風な多彩な小紋は、糊に染料を混ぜた色糊を用いて、直接染色する。
  • のりぶせ[糊伏] 友禅染などにおいて地色を染める為に柄の部分を糊防染すること(総伏)。 ぼかしなどの技法で模様効果を表現する時ぼかしのかかる部分の柄を部分防染すること(中伏)。 摺りやぼかしとの併用で色糊で柄を伏せること(色伏)

  • カテゴリーから探す

    コンテンツ

    モバイルショップ

    ショップについて

    小田 泰伸(おだ やすのぶ)

    「きものとおび 織物屋」店長の小田泰伸です。
    着物の窓口を広げ、気軽に楽しんで着て戴く事を 目的に、良い物をリーズナブルにご提供して いきたいと思います。
    ご意見、ご要望、ご質問もお気軽にお寄せ下さい ませ。
    よろしくお願いいたします。
    お探しの商品やご相談は、お気軽に

    してください。