• はうら[羽裏] 羽織の裏地のこと。並幅で丈は4.36m〜5.15mあり、大人物の中羽織、本羽織に必要な用尺になっている。上等の絹物には羽二重、綸子などで、無地・暈染・柄物のほか額裏がある。普段用には甲斐絹、綿甲斐絹、人絹、化繊、交織などを使用。羽裏は表地よりも派手な色や柄のものをつけることが多い。これは江戸時代に庶民が絹物を禁じられていたころ、見えない所で絹をつけたことの名残が、現在まで続いている。
  • はおり[羽織] 和服の一種で長着の上に着るもの。膝くらいの丈に仕立てたものを本羽織という。現在では用尺が少なくて済む中羽織が多く着られる。男性礼装は紋付羽織を着用、女性の紋付羽織は略装になる。女性の晴着として絵羽羽織がある。
  • はかま[袴] 下半身に両足を別々に通してつける衣のこと。股の無いもの裳(も)という。古墳時代の男子の袴は太いズボンのようなもの。飛鳥時代にはゆったりとした形で裾口を紐でしぼるようにした奴袴、又は指貫といわれるものを着用。平安時代には直衣や狩衣に用いられる。室町時代以後形を整えて、長・短、いろいろな種類の物ができる。江戸時代になって、平袴・襠高袴・馬乗袴・踏込袴・野袴などが出来、南蛮風の裁付袴・細袴なども出来た。明治以後、羽織袴が男子の正装となる。女子の袴は平安時代、袿形式の衣に袴が着用された。鎌倉時代以後に宮廷装束が簡略化され、衣袴・小袖袴となり、近世まで儀礼的なものとして宮廷・神社の女子に用いられた。現在男物には襠袴と行灯袴がある。襠袴は紋付羽織と組合わせて正装用に、行灯袴は普段着に着用。生地としては袴用に織られたものを用いる。仙台平・五泉平・山辺里平など。
  • はこせこ[筥迫 筥狭子] 懐に入れて持つ女物装身具。紙・櫛・楊子・小銭などを入れるもの。最初は紙入れだったが、だんだん携帯用の装飾品となる。筥迫の名称が生まれたのは宝暦以前で、奥女中、中流以上の武家婦人の正装用懐中物として用いられる。金襴・厚板・ビロード・羅紗などで作られた。現在では花嫁衣裳や七五三の女児の正装用アクセサリーとして残っている。
  • はじゃく[羽尺] 羽織を仕立てるために織られた生地の総称。第二次世界大戦以前は紋付羽織地の他は特に羽織地として織られたものはなく、着尺を羽織に仕立てた。
  • はだじゅばん[肌襦袢] 和服用の肌着。長襦袢の下に着用。肌触りがよく、汗を吸収し、通気性が有り、洗濯のきく生地が良い。晒木綿で単仕立やガーゼで袷仕立てのものがある。
  • ばちえり[撥衿] 女物長着の衿形の一種。広衿と棒衿の中間として工夫されたもの(広衿はかさばりやすく着付けが難しく、棒衿は胸元がはだけやすく貧相に見える)。衿肩明止りから下へ向って衿巾が広がるので、三味線の撥になぞらえてこの名がある。
  • はっかけ[八掛] 女物の袷長着や綿入などの裾や袖口、衿先の裏に付ける裏地のこと。裾まわしともいう。表地と共地でつける場合や別布を使う場合がある。別布では五泉の精華パレス生地が最も多く用いられる。暈しや無地、柄物がある。変わり無地縮緬やチェニー、両駒などの生地も用いられる。
  • はぶたえ[羽二重] 羽二重餅に代表されるように、羽二重はきめ細やかで滑らかなものの代名詞のように使われます。このきめ細やかさは経緯ともに無燃(平糸)の生糸を使い、製織時には「湿し緯」または「濡れ緯」という、水に濡らして膨潤させた緯糸を織り込む技法を用いてしっかりと打ち込むことによって生まれるものです。主たる産地は新潟県五泉市。主たる用途は男物紋付、襦袢、法衣。
  • はまちりめん[浜縮緬] 浜縮緬の産地、滋賀県長浜市は、元亀元年(1570年)六月の浅井・朝倉連合軍と織田・徳川の連合軍の、一族の命運をかけた合戦で有名な姉川と、それに合流する高時川の流域にあり、古来より両河川はたびたび氾濫を繰り返し、一帯に洪水の被害を与えていました。この被害を防ぐ目的で辺り一帯には多数の桑が植えられており、これを飼料とする養蚕も古くから盛んに行われていました。その後の宝暦二年(1752年)京都丹後より製織技術を導入し始まりました。しかし宝暦四年にはこの田舎絹の京への進出を不快に思った西陣の訴えにより販売禁止とされてしまいます。その後の藩の努力もあり、今では後染用白生地の高級産地として名高く、無地縮緬各種を中心に生産を続けています。
  • はりぼし[張干し] 乾燥の一方法。羽二重等の平織織物に用いられる事が多い。反末を縫い合わせ、生地を輪状にして、両端に張り棒と呼ばれる丸竹を通して引っ張り、縄で柱に固定して乾燥する。経方向に張力が加わるため、布表面の光沢を増し、布に腰をもたせ、小じわを伸ばす等の利点がある。自然乾燥であるため、風合いが良く染着性に優れている。
  • ぱれすちりめん[パレス縮緬] パレス縮緬は古代縮緬や錦紗縮緬と同様に二越系統の縮緬で、左右の片撚り強撚糸を緯糸に、右右左左というように二越ずつ平織りに織り込んで作ります。ただし、経緯ともに錦紗縮緬よりもさらに細い糸を、より密に織り上げることから「シボ」立ちが抑えられ羽二重のような平滑な外観と上品な光沢を得る事が出来ます。昭和時代には全盛を風靡しましたが、現在では裏使いがほとんどです。主たる用途は八掛地。主たる産地は新潟県五泉市。
  • はんえり[半衿] 長襦袢の衿に掛ける布片のこと。女物長襦袢に今日の半衿形式の掛衿をするようになったのは江戸時代中期から。主として民間で行われた。江戸時代後期には刺繍を施した凝ったものが現れた。明治〜大正にかけては着物の色柄が地味であったため、半衿に模様をつけることは服飾美の重要なポイントであった。生地は、綸子・縮緬・塩瀬・紗・絽・麻など
  • はんはばおび[半幅帯] 女物の帯の一種。普段着・浴衣・羽織下などに用いられる。普通の帯幅は八寸だが、半幅帯は並幅を二つ折りにして4寸の幅に仕立てる。半幅の袋帯を小袋帯という。結び方は貝の口、文庫など。

  • ひきぞめ[引染] 模様物の地色を染める方法で、浸染に対する染色法。江戸以前の地染法としては浸染が主流であったが、防染糊の開発とともに、少なくとも江戸中期には確立され、以後地染の主流となる。主に高級手描友禅の地色染に用いる。
  • ひとえ[単衣] 単仕立の長着のこと。夏物として着用(初夏から初秋まで)。気温の変化に合わせて生地を変えて用いる。
  • ひとつみ[一つ身] 嬰児から2才くらいまでの子供用長着。後身頃を並幅一杯にとるので一つ身という。嬰児用は袷・単衣いずれも広袖とする。付紐を背に縫い付けて、前に回して結ぶ。歩けるようにになると付紐は衿先に縫いつけ、身八ツ口に通して後で結ぶ。
  • ひふ[被布 被風] 婦人や女児の和服用外衣の一種。室内用にも用いられる。縮緬や綸子を袷仕立てにする。女児用には袖なしの綿入仕立の物もある。羽織の衿の代りに竪衿をつけて前で重ね、丸い小衿を付けた形。胸に総角をつけた飾りを縫い付けてこれで留めて着る。袖丈、身丈は羽織に準じる。幕末から明治にかけて上流階級に多く着用された。古くは被風と書き、18世紀頃から公家の間で用いた外衣。室内着として高級な絹物で仕立てるようになり、座敷合羽と呼ばれた。19世紀頃から医者・画家・書家などが着用するようになり、民間にも広まる。女物として着用されたのは1820年代。子供の被布が普及したのは明治以降。
  • ひよく[比翼] 比翼仕立の長着の、襲物でいえば下着にあたる部分のこと。同形の布が二枚重なっているように見えるのでこの名がある。本比翼と付比翼がある。用布の節約と着やすくするために比翼仕立が考案された。付比翼は表着とは別に比翼を作り、表着の裏の縫い目へ絎けつけるので取り外しがきく。現在留袖などの礼服には2枚襲よりも付比翼が多く用いられている。
  • ひらろ[平絽] 経に駒撚糸、緯に駒撚糸または変わり強撚糸を用いる駒絽に対して平絽は経緯ともに撚りのない平糸を使います。このため駒絽に比べると、手触りも柔らかく羽二重に似た優雅な光沢を持っています。この地風を保つためには製織にあたって、水に濡らして膨潤させた緯糸を打ち込む「濡れ緯」技法を用いてしっかり緯糸を打ち込むことが大切です。 主たる用途は喪服、襦袢。主要産地は五泉、丹後。
  • ひろえり[広衿] 女物長着の衿の一種。長着の衿は普通棒衿だが、女物にはほかに広衿、撥衿がある。棒衿の巾は5.5cm、広衿は11〜11.5cm。衿幅の自由がきくため斜めに広く折ってゆったり着る事ができる。現在では絹物長着で最も一般的な衿型。棒衿は庶民の小袖の系列の衿であるのに対し、広衿は貴族階級の袿の流れをくむ衿。
  • ビロード[天鵞絨] ポルトガル語の velludo 、スペイン語の vellide の転化した語。ベルベットともいう。約350年前にポルトガルかオランダからの輸入品に模して京都で織り始めたもの。防寒用コートとして現在用いられている物に輪奈ビロードがある。白生地反物として、西陣・長浜・丹後で織られており、好きな色に染めて仕立てる。

  • フィブロイン[Fibroin] 絹を構成するたんぱく質の一種。絹繊維はフィブロインの長い分子がほぼ平行に並んでできた物である。フィブロインは酸性の駆るカルボキシル基と塩基系のアミノ基をもつ両性化合物であるため、絹は酸性染料、塩基性染料のいずれによっても染色できる。水・希酸・希アルカリに対して不溶性。フィブロインを主成分とする絹は、同じたんぱく繊維である羊毛と比べて、日光によりもろくなり、黄褐色に変色しやすい。絹の組成の約75%を占める。
  • ふき 袷又は綿入れの衣服の袖口及び裾の緑で、裏布が表布よりはみ出した形に仕立てられている部分。
  • ふくろおび[袋帯] 略礼装に用いる女物の帯。大正時代に考案された。帯丈は4m、巾は約30cmに織ってある。筒状に織り上げてあるものは特に本袋帯という。現在出回っているのは別布を腹合せにしたものがほとんど。織り柄や使用される糸の色や種類によって礼装用から洒落物まで色々とある。
  • ふせのり[伏糊] 模様染めで地色を染めるのに先立って、柄の部分を防染する糊をおく作業、あるいはそれ用に調合された糊。伏せ糊としては粘り気のある糯粉を主成分として作る。 引き染用の伏糊のことをねば糊という。
  • ふり[振り] 袖の明きのこと。女物、子供物の和服の脇明きを八ツ口といい、身頃の明きを身八ツ口というのに対していう。袖八ツ口ともいう。
  • ふりそで[振袖] 女性の着物の袖の一種。袖丈の長いものをいう。元来は留袖に対して振りのある袖のことをいった。振袖は小袖からでたもので脇明ききともいった。振袖という名称は江戸時代から一般化。子供と若い女性が着るもので、元服になると振りを縫いふさいだ留袖にした。文化文政ごろに袖丈の長いものを振袖というようになる。歌麿などの美人画は振袖の最も長い時のきもの姿である。現在振袖は女児と未婚女性に限り着用される衣服。例外として七五三男児の紋付袴の祝着は振袖に仕立てる。本振袖、中振袖、小振袖があるが、現在最も多く着用されるのは中振袖。

  • へこおび[兵児帯] 並幅の用布をそのまましごいて後で花結びにして締める帯。古くはしごき帯といった。現在では男女児と男子の普段着に使用。帯地は縮緬・メリンス・新モスなどがあり、絞り染が多い。江戸時代は博多帯が全盛。薩摩武士が筒袖股引の上から白のしごきを締めて帯刀するようになる。これが東京で着物の上にしごきを締めるようになった。薩摩ではしごき帯のことを兵児帯といった。
  • へちまえり[糸瓜衿] コートの衿型の一つ。衿の形が植物のヘチマに似ているのでこの名あり。                         
  • べつぞめ べつおり[別染め 別織り] それ専用に特別に染めた又は織ったもの。汎用でないという意味。
  • へら[箆] 裁縫道具の一つ。布地に印をつけるのに使われる。角・象牙・骨・セルロイド・竹製などがある。長さ12〜15cmくらいのが握りやすく使いやすい。
  • ベルベット ⇒ビロード

  • ぼうえり[棒衿] 和服長着の衿の一つ。男物長着。浴衣などの衿は棒衿。対する衿型として撥衿、広衿がある。
  • ぼうせんのり[防染糊] 捺染糊の一つで、一般には直接捺染糊、抜染糊と区別する。防染糊に染料が入っているかどうかで、白色防染糊と着色防染糊を区別する。防染の部分によって、糸目糊、伏糊などとよぶ。
  • ほうもんぎ[訪問着] 留袖ほど格式ばらずに、社交や外出用の準礼装として着用できる絵羽付けの着物。大正時代に始まり、形式を整えて性格を確立したのは昭和に入ってから。大正時代に三越が命名したという説、大正11年に高島屋百選会で発表されたという説がある。広範囲に着られる晴着として、開発された。。文様は絵羽模様で、生地は縮緬や綸子など。御召に模様を織り出した略式のものもある。第二次世界大戦までは中流以上の人のものであったが、現在では一般化している。
  • ほんえり[本衿] 地衿のこと。和服長着や長襦袢の衿。本衿には掛衿をかける。
  • ほんだち[本裁] 大人物の和服の裁ち方。基本的な裁ち方で大裁ちともいう。子供物の中裁、小裁に対しての大裁。
  • ほんだちよつみ[本裁四つ身] 子供物和服の名。本裁ちに裁たれた四つ身のこと。
  • ほんねり[本練] 絹精練の工程の一つ。荒練された生地を精練する工程。荒練で除去されていない不純物を完全に除去し、柔軟性・白度などが得られる。本練の後、水洗して仕上げ練を行う。
  • ほんびよく[本比翼] 和服の仕立方の一種。表着の裏地の縫代に比翼の縫代を一緒に縫い込んで仕立てる。一枚着にすることができない不便さがある。現在では付比翼がほとんどである。「比翼」を参照のこと
  • ほんみみ[本耳] 本耳は和装裏絹の本流で、小巾である高級呉服の裏絹としては、両端に耳のあるものが最適とされてきました。最近広幅、軽目羽二重等裏地として利用されるようになりましたが、本耳は最初から和装専用裏地として作り出されていますので、地風もそのように設計されており、表生地との伸縮性、肌合いや裾捌き等着心地が最適になるよう改善を重ねた裏地として高く評価されています。主な用途は胴裏、比翼。

  • カテゴリーから探す

    コンテンツ

    モバイルショップ

    ショップについて

    小田 泰伸(おだ やすのぶ)

    「きものとおび 織物屋」店長の小田泰伸です。
    着物の窓口を広げ、気軽に楽しんで着て戴く事を 目的に、良い物をリーズナブルにご提供して いきたいと思います。
    ご意見、ご要望、ご質問もお気軽にお寄せ下さい ませ。
    よろしくお願いいたします。
    お探しの商品やご相談は、お気軽に

    してください。